2007年11月23日

焚き火で鍋!!! in 「休暇村 讃岐五色台」一日目

この寒い時期にキャンプに行ってきました。
「焚き火で鍋を食べる」を目的に、瀬戸内海を渡って、香川県坂出市内にある「休暇村 讃岐五色台」のキャンプ場を利用しました。
寒いからか?世間を騒がせている事件が起こった坂出だからか?
キャンプ場の利用は、モンキチ達と、他一組だけでした。
休暇村の方は結構いましたけどね。

朝早くから初キャンプとなる入籍間近のお二人と、宇高国道フェリーに乗って香川県へ船
香川県と言えばやっぱり「セルフうどん」でしょわーい(嬉しい顔)
と、言う事で(しっかりネットで調べました)早速本日一軒目。
高松市香西東町にある「名もないうどん屋」
07.11.23_kagawa01.jpg07.11.23_kagawa02.jpg
11時のオープンより少し前に着きましたが、店内を覗いてみると「入って入って」と注文をきいてくれました。
メニューはいたってシンプルで、1玉100円、2玉200円、3玉300円、タマゴを入れると+50円です。
待つこと数分、打ちたて&ゆでたてのうどんが完成しましたひらめき
生醤油がかかったシンプルなそのお味は、もちもち麺が最高に美味しかったです。
タマゴを入りを食べると、甘みが加わってこれも絶品でした。
移転されてきたそうですが、屋号は本当に無くて、まさに「名もないうどん屋」でした。もちろんノレンにも屋号は書かれていません。
↓「名もないうどん屋」のHPはこちらから↓
http://www.k4.dion.ne.jp/~namonai/

四国新聞社が運営しているホームページ「讃岐うどん遍路」に詳細ページが掲載されています。


腹ごしらえをして、車で数分で行ける「イオン高松ショッピングセンター」へ!!!
二組に分かれて自由行動です。
モンキチ&ピピは、ユニクロとスポーツ・オーソリティに行って買い物。そしてデザートにサーティワンへわーい(嬉しい顔)
「イオン倉敷」でのいつもの行動と変わらねぇ〜ぞあせあせ(飛び散る汗)
ジャスコの食品売り場で合流!!今晩の鍋を「ちゃんこ」に決めて、具材とお酒、そして、朝食のホットサンドの具材を購入しました。

買い物の後は「イオン高松」から歩いて数百メートルのうどん屋を探しに行きましたが、店は閉まっていましたもうやだ〜(悲しい顔)
もう一軒調べていた店に行こうと思いましたが、14時前になっていたので、「イオン高松」の目の前にある「はすい亭 香西店」に行きました。
07.11.23_kagawa03.jpg07.11.23_kagawa04.jpg
駆け込みで行った店にしては意外と美味しかったです。一般的なセルフ店の味で、とても食べやすいと思います。

「一日2軒のセルフうどん巡り」の目標が達成された所で、宿泊地となる「休暇村 讃岐五色台」へと向かいました。
「五色台スカイライン」を走っていると、見事な紅葉が眺められて綺麗でしたぴかぴか(新しい)
利用客がほとんどいないので、キャンプ場のビジターセンターは閉鎖されていて、休暇村での受付です。
水道、流し台、AC電源付のユニバーサルサイト×1サイト、大人4人利用で2泊。+焚き火用の薪400円×3束。
合計で13,200円でした。
ユニバーサルサイト=4,000円、オートサイト=3,000円、フリーサイト1,000円、施設維持費が一人500円です。
※ユニバーサルサイト以外は、水道、流し台、AC電源はありません。
07.11.23_kagawa05.jpg07.11.23_kagawa06.jpg
100uのサイトに車1台、リビングシェル、ランドブリーズ3LX、ランドブリーズ3をなんとか設営しました。
※車1台を、空いてるサイトの駐車スペースに置きました。

鍋を食べる前に、夕日&夜景が綺麗な「休暇村 讃岐五色台」の大浴場400円に入りましたいい気分(温泉)
夕日には間に合いませんでしたが、浴場から眺める瀬戸内海と街の夜景はとても綺麗でした。
休暇村の客間からの眺めはさぞ綺麗だろうなぁ〜ひらめき

風呂を上がってキャンプ場に戻って、本日のメインイベント。ちゃんこ鍋を作ります。
今回から初登場のスノーピーク「ザ・三脚スタンド・バッグ付」が大活躍でしたわーい(嬉しい顔)
シンプルな構造ながら、頑丈な作りのスタンドは、重たくなった鍋を吊るしても安定していました。
他のメーカーの安いスタンドを買わなくて正解でした。
肝心のちゃんこ鍋の味は、焚き火で調理&外で食べると言う豪快な食べ方のおかげで、とても美味しかったでするんるん
デジカメ撮影は・・・すっかり忘れていましたm(__)m
薪一束を使い終わったところでリビングシェルに潜り込んで、ガスヒーター&電気ストーブを使ってしばらくくつろいで、22時過ぎに就寝しました眠い(睡眠)

二日目の記事へ続くダッシュ(走り出すさま)

↓ナチュラムで購入できます↓
posted by モンキチ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | キャンプレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: Ltd.'')は、瀬戸内海に航路を持つフェリー会社。加藤汽船の傘下にある。本社は香川県高松市北浜町1番1号。.wikilis{font-size:10px;color:#666666
Weblog: 運輸会社
Tracked: 2008-02-12 21:18


Excerpt: Ltd.'')は、瀬戸内海に航路を持つフェリー会社。加藤汽船の傘下にある。本社は香川県高松市北浜町1番1号。.wikilis{font-size:10px;color:#666666
Weblog: 運輸会社
Tracked: 2008-02-17 17:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。