2007年09月11日

おすすめソング・9/11

↓洋楽↓
曲名:PICK SOMEBODY UP
アーティスト:RAUL MIDON(ラウル・ミドン)
盲目のソウルシンガーが、2ndアルバムをリリースです。
この曲はノリが良いです。
PVでは、見事なタッピング(弦を叩くギターの奏法)が見れますよるんるん
↓Amazonで購入できます↓


曲名:GIVE IT UP
アーティスト:TWISTA(トゥイスタ) feat.PHARREL WILLIAMS
10月に日本盤のアルバムリリースが控えている、
早口ラッパーTWISTA。
この曲では、ファレルと2人でつぶやく様なヒップホップを
聴かせてくれます。
お色気たっぷりのPVは、エロイですひらめき
↓Amazonで購入できます↓
タグ:音楽
posted by モンキチ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

おすすめソング・9/10

↓邦楽↓
曲名:カラフル
アーティスト:柴田淳(シバタジュン)
1stアルバム聴いたくらいで、その後は興味あり
ませんでしたが、この新曲は良い曲ですひらめき
デビュー当時と比べると、歌い方が変ったような気が!?
顔もすっかり大人の女性になってる。
↓Amazonで購入できます↓
カラフル(初回限定盤)(DVD付) [Single] [Limited Edition]

曲名:ころがる林檎
アーティスト:J-Min(ジェイミン)
2007年デビューの新人で、韓国出身の18歳ひらめき
この曲は、洋楽ファンに受けそうですね。
曲も魅力ですが、一番の魅力はその歌声でしょう。
PVを見る限りでは、美人に見えますぴかぴか(新しい)
↓Amazonで購入できます↓
ころがる林檎

曲名:FUTURECHECKA
アーティスト:加藤ミリヤfeat.SIMON,COMA-CHI&TARO SOUL
若旦那(湘南乃風)トータルプロデュースによる
コラボレーションシングルです。
ヒップホップファンにはたまらない曲でしょう。
MINMIが手掛けたトラックは聴き応えありますよひらめき
↓Amazonで購入できます↓
LALALA feat.若旦那(湘南乃風)/FUTURECHECKA feat.SIMON,COMA-CHI&TARO SOUL [Maxi]
posted by モンキチ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

「タライパフェ」食べました。

岡山県内で噂のジャンボパフェ、高梁市内「カフェレスト・シャトー」の「タライパフェ」を食べに行きました。

過去に時間に遅れて食べれなくて、今回食べる気満々の主催者から、タライも含めて10kg以上と言う情報を聞くあせあせ(飛び散る汗)
11人の予定が当日1人減って10人にふらふら嫌な予感が・・・
倉敷市内から車で40分ほどで「カフェレスト・シャトー」に到着ダッシュ(走り出すさま)
現地集合の参加者をギリギリまで待っても現れないので、9人でスタートexclamation×2
ウエイトレス2人で抱えてやってきました。
07.09.09_tarai01.jpg
凄すぎるがく〜(落胆した顔)
食べる前に、お店用の写真をポラロイドでパチリぴかぴか(新しい)
そして、デジカメ、携帯、で参加者の撮影が終わって食べ始めましたるんるん
なんとかいけるだろうと余裕で食べ始めましたが、ど真ん中に大きなスポンジケーキが2段隠れている事に気付いて冷や汗があせあせ(飛び散る汗)
案の定スポンジケーキに手間取って、メンバー全員が限界ギリギリに。
ホットコーヒーや紅茶を飲んだり、タバコを吸ったりして気を紛らわして、なんとか気合で最後の一口を食べ終わるまで1時間かかりました。
07.09.09_tarai02.jpg
※上の画像はギャグです。(バカやってるのはモンキチです)
後半は、スプーンで少しずつ食べるのがやっとの状態でした。
抱えて流し込むなんて怖くて出来ませんがく〜(落胆した顔)


男6人+女3人
9人では相当厳しかったですふらふら
最低でも10人以上でチャレンジしましょう。

ちなみに「タライパフェ」は13,000円で予約制です。
小さい「バケツパフェ」は4,000円前後で、予約無しでもOKです。
パフェ以外にも城下町高梁らしい抹茶のスイーツや、パスタ、カレー等のメニューもあります。
今度はご飯を食べに行ってみますわーい(嬉しい顔)
そう言えば、カレー1,000gのチャレンジメニューがありましたexclamation×2

↓お店の紹介↓
カフェレスト・シャトー
岡山県高梁市頼久寺町
0866-22-1008
営業時間7:30〜20:30(日曜・祭日は〜17:00)
不定休

アクセス:国道180号線を新見方面に向かって北上して高梁市街に入ったら、高梁大橋横の交差点から二つ目の信号を右折して、JR伯備線の踏切を越えたら左手にあります。順正短期大学の手前です。
posted by モンキチ at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

「まつだ牧場 ミルク工房」のジェラートを食べました。

岡山市御津にある、「まつだ牧場 ミルク工房」のジェラートを食べに行きました。
国道53号線を津山方面に向かって、カバヤ、ハピーマートを過ぎたら左折すると、看板を目印に山を登っていきます。
周りに何も無い静かな所にあります。

07.09.08_matuda-farm01.jpg07.09.08_matuda-farm02.jpg

ダブルコーン350円、シングルコーン300円、カップ250円で、お持ち帰りも出来ます。
ダブルコーンを二つ、左から「いちごミルク・抹茶」、「海のジェラート(塩入)・甘夏」を注文しました。
岡山県内の有名ジェラート店、「牛窓ジェラート工房 コピオ」、「安富牧場 ファミーユ」と比べると、少し甘く感じましたが美味しかったでするんるん
岡山市街からはちょっと距離がありますが、ドライブがてら食べに行く価値は十分ありますよわーい(嬉しい顔)
牛、ヤギ、ウサギを近くで見ることが出来ます。
↓まつだ牧場 ミルク工房のホームページはこちら↓
http://www.matsuda-farm.jp/
posted by モンキチ at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

おすすめソング・9/7

↓邦楽↓
曲名:強くなれ(Movie Ver.)
アーティスト:高橋瞳
9月15日公開映画『包帯クラブ』のエンディングテーマ。
ストレートな歌詞に惹かれて、公開が待ち遠しい作品です。
アニメ好きに人気のアイドルってイメージですけど、
TAKUYAプロデュースになって、路線変更ですかね。
↓Amazonで購入できます↓


↓洋楽↓
曲名:GOOD EXCUSE
アーティスト:THE JOHN BUTLER TRIO(ジョン・バトラー・トリオ)
アコースティックなメロディーが心地良い、
オーストラリア出身の3人組です。
フジロックフェス'07で、見事に盛り上げてくれた、
『Funky Tonight』が好きですが、『GOOD EXCUSE』も
良いです。
PVがとてもキュートで見応えありますわーい(嬉しい顔)
↓Amazonで購入できます↓
posted by モンキチ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ヤマハからフラッグシップAVアンプが発売されます。

他のメーカーと比べると、鳴りを潜めていた感じのヤマハでしたが、とんでもないDSP AVアンプを発表しましたexclamation×2
12月10日発売、「DSP AVアンプ・DSP-Z11」693,000円
定格140W×7ch、定格50W×4chのアンプ搭載で、通常の7.1chにシネマDSP用のプレゼンス4chを加えた11.2ch構成です。

今までのフラッグシップモデルは、プレゼンスがフロント2chだったのに対して、今回の4年ぶりのモデルは、さらにリア2chを追加して、11.2ch構成で、高さ情報を再現した3次元サラウンド再生が可能な「シネマDSP HD3」となっています。

1999年12月発売のフラッグシップモデル、「DSP-AX1」(アップグレード済)を現在も使っていますが、「ついに出たか!?」って感じですね。
6畳シアターを実践しているモンキチには、持て余してしまう怪物ですが、新しいシネマDSPを是非使ってみたい・・・
でもまあ、現実的には6畳プラズマシアターには勿体無いので、100インチ以上のフロントプロジェクター使用のホームシアターを作った時の候補としておきます。
いつの事になるやら・・・ふらふら
壁をぶち壊して、6畳間を2部屋つなげる手もあるんですが、どうせ作るなら一からホームシアターを作りたいと言う、AVファンにとっての最高の贅沢を味わいたいので、じっくり時間をかけていきますダッシュ(走り出すさま)

↓ヤマハホームページ内のニュースリリースはこちら↓
http://www.yamaha.co.jp/news/2007/07090601.html
posted by モンキチ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『デス・プルーフ in グラインドハウス』を鑑賞しました。

「グラインドハウス」と言うのは、B級映画ばかりを2、3本立てで上映する映画館の総称らしくて、クェンティン・タランティーノの『デス・プルーフ』と、ロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー』が公開されます。

『デス・プルーフ』は、変体野郎が撮ったぶっ飛んだ映画です爆弾
マシンガントーク、シャレた選曲、等々タランティーノらしい作品ですが、そのイカレっぷりは過去最高じゃないかなぁexclamation&question
初期の頃の作品も好きなんですが、理屈っぽくてあまり面白みを感じませんでした。この新作は文句無しに面白いわーい(嬉しい顔)
20人ほどしか観客はいませんでしたが、喜んでたのはモンキチと前の方で声を出して笑ってたオッサンくらいですね。
B級らしく見せる為に、わざわざフィルムの傷、コマ飛び、ノイズを再現していて、人によっては始まってすぐに嫌になるかもしれませんね。

タランティーノ×カート・ラッセルの組み合わせに、思わずニヤケてしまうようなB級テイスト大好きな人は、是非鑑賞してみて下さい。
そうでない人には、あまりおすすめしませんexclamation×2

個人的には今年一番の作品です。
評価は100点満点ですぴかぴか(新しい)
こんな映画に満点付けるとは・・・
でも、確かに面白かったんですよ。
もう一回見に行くと思います。

一般的な評価も付けた方が良さそうな作品なので・・・
評価は60点です。

デス・プルーフ in グラインドハウス [Soundtrack]
Death Proof [Explicit Lyrics] [Soundtrack] [from US] [Import]
posted by モンキチ at 22:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

おすすめソング・9/3

↓洋楽↓
曲名:Never Ever Told Me
アーティスト:AIR TRAFFIC(エアー・トラフィック)
とっても聴きやすいUKポップです。
一度聴いたらメロディが頭に残ります。
↓Amazonで購入できます↓


曲名:Foundations
アーティスト:KATE NASH(ケイト・ナッシュ)
こちらもUKポップです。
メロディーと声に魅力があります。
PV見てるだけで、詩の内容が伝わってきます。
まだ20歳だそうで、日本でのブレイクも近そうひらめき
↓Amazonで購入できます↓

posted by モンキチ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

「PIONEER PREMIERE FESTA '07」に参加しました。

パイオニアからこの秋に発売される、高コントラスト比フルHDプラズマディスプレイ「KUROシリーズ」を主体にした、新商品の体験イベントに参加しました。
9月29日・30日の岡山会場への参加を申し込んでいますが、AV評論家のセミナーがある9月1日・2日の大阪会場にも申し込んで参加しました。
↓パイオニアホームページ内のイベント詳細ページはこちら↓
http://for-emotion.jp/event.html

上位クラスのコントラスト比20,000:1、フルHDパネルはやっぱり凄かったひらめき
下位クラスのコントラスト比16,000:1、非フルHDパネルも予想以上に綺麗でしたね。
どちらのクラスも黒の表現力がアップする事で、映像のメリハリがはっきりするので、その効果は絶大です。
全4モデルにBD-ROMプレイヤーを繋げていて、コントラスト比20,000:1と16,000:1の実力を確かめる事が出来ますが、あくまでリビングでの鑑賞を意識した設定なので、照明がちょっと明るめでした。
画質モードは、部屋の状態に合わせて調整してくれる新機能の「リビングモード」にしていましたが、なかなか良いと思います。
映画再生は画質調整が最も重要ですから、高度な技術がなくても最適な状態にしてくれる機能は大切ですね。
調整をマニュアルで追い込んでいけば、もっと綺麗になるでしょう。

別室で行われた、AV評論家の麻倉怜士氏のセミナーでは、照明を落とした状態でBD-ROM、ハイビジョン放送、の映画、音楽の映像コンテンツを再生して、「KUROシリーズ」の黒表現を堪能させてくれました。
暗い状態でのハイビジョンコンテンツの再生を鑑賞すると、高コントラスト比のディスプレイがいかに優れているかわかります。
価格競争よりも、高画質ディスプレイを開発する事にこだわったパイオニアの、現時点での直視型ディスプレイ最高画質でしょうわーい(嬉しい顔)

プラズマディスプレイの他には、10月に発売されるAVアンプ、スピーカー、シアターセット、BD-ROMプレイヤーが展示されていました。
DTS−HDマスターオディオのビットストリーム出力が出来ない新BD-ROMプレイヤーが発表されていましたが、最近になって仕様変更が発表されて、ビットストリーム出力が出来るようになりました。
会場には新仕様のモデルが展示されていて、BD-ROMのDTS-HDマスターオディオを再生出来ました。もちろんドルビーTrueHDの再生も聴けました。
ロスレス(非圧縮)のデジタルサラウンドは、従来方式とは比べ物にならないほど情報量が豊です。
見慣れた映画を2本チョイスして、係員がボリュームを下げに来るほどの大音量(自宅で聴くよりはやや控え目)で再生すると、今まで気付かなかった音が確かに聞こえてきました。
次世代サラウンド対応AVアンプが早く欲しい・・・

全国各地で11月初旬まで開催されるので、興味がある人は是非参加してみて下さい。

パイオニアオンライン

※AV評論家セミナーは、一部の会場のみの開催です。
※著作権の問題で、自前で用意したBD-ROMやDVD等のコンテンツの再生には対応出来ません。(BD-ROMを何本か用意して、かなり粘りましたが無理でしたふらふら)

posted by モンキチ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

『Life 天国で君に逢えたら』を鑑賞しました。

ガンのため他界したプロウィンドサーファー、故・飯島夏樹のエッセイを基に映画化した作品です。
つまり実話ってことですね。
映画の冒頭でも、TRUE STORYと出ていました。

いろいろな意味で、綺麗にまとめたなぁ〜と思います。
悲しい筈の真実の物語なのに、クライマックスに近づくほど笑顔で鑑賞していました。
泣ける映画と言うよりは、あまりにも綺麗過ぎてすがすがしい気持ちにさせてくれます。

構成、脚本、編集、どれによるものか分かりませんが、小さなクライマックスが何度もあって、まだ終わらないのか?と少しじらされた気分です。この辺りは、昨今の「泣かせる邦画」と同じですね。

評価は、80点です。
マリンスポーツに少しでも興味があって、故人の事を知っていたら評価が高くなったかもしれません。




posted by モンキチ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。